Tel:090-6055-0756滋賀県草津市野路町686 ラフラ館1階

催眠療法(ヒプノセラピー)とは

催眠療法(ヒプノセラピー)は、日本でも様々なメディアで取り上げられるようになってきましたが、元々はアメリカ発祥のセラピーで、アメリカでは安全な心理療法(心理カウンセリング)の一つとして、広く認められています。

潜在意識と顕在意識

心の大部分は潜在意識(心の深い部分で普段は気づいていない意識)で構成されており、潜在意識には全ての記憶が蓄積され、様々な感情とも結びついています。ヒプノセラピーの催眠状態とは、その潜在意識と顕在意識(表面にあり自分でも認識できる意識)を隔てるクリティカルファクターと呼ばれる壁を薄くして、または壁の一部に窓を開け、つながった状態にするイメージです。その状態のときでも意識はしっかりあり、自分が話した内容や周囲の音なども、はっきり覚えています。

例えば、お悩みや課題があるとき、いろいろな本を読んだり、インターネットで検索したり、誰かに相談してアドバイスをもらったりして、様々な改善方法や解決方法を得たことがあると思います。催眠療法が有効な方
でも、それらを頭では理解しても・・・

  • ・行動が伴わない。
  • ・現実の辛さが解消しにくい。
  • ・人生の様々な場面で同じようなパターンを繰り返してしまう。

これらは潜在意識に蓄積された過去の経験からくる、不安や恐れ、思い込み、ネガティブな感情などが影響しています。これらが解消されないと、頭では理解出来ても本質的な改善はされにくいものです。

また、潜在意識に蓄積された過去の経験が悲しいもの、苦しいもの、辛いもので、心の奥が傷ついて癒されないままになっていると、普段の生活の中でも、それらを表に出さないように抑えようとする意識のエネルギーが、常に使われてしまいます。催眠療法が必要な方
抑えるために強いエネルギーが必要であればあるほど・・・

  • ・いつも心にむなしさを感じる。
  • ・人との関係が楽しいものにならない。
  • ・人生が楽しいと感じられない。

これらを解消するには潜在意識にアクセスする必要があり、顕在意識の自我(今の大人の自分の思考)では、本当の原因が何処にあるかということさえ見えにくいものです。

催眠療法(ヒプノセラピー)セッションの概要

ヒプノセラピストの催眠誘導により潜在意識に無理なくアクセスし、当時の出来事や感覚などを再体験し、感情を浄化したり、抑圧から解放したり、別の視点で見直し気づきを得たりしていくのがヒプノセラピー(催眠療法)の代表的な手法である退行催眠療法です。

ヒプノセラピーイメージその流れは、まず事前のカウンセリングにより、今お持ちの感覚や感情を整理し、ある程度焦点を絞り込みます。そして、ヒプノセラピストがクライアント様の状況に合わせて、年齢退行療法、インナーチャイルドセラピー、前世療法、胎児期退行療法、未来順行、悲嘆ケアなど様々な種類の催眠療法を、単独または複数組み合わせて、進めていくものです。

退行催眠療法中には、当時の我慢せざるをえなかった感情、押さえつけていた気持ち、辛くないフリをしていた気持ちなどが表に出て、ごく自然な心の浄化反応として、涙が流れてくることがあります。また、催眠下でも意識はありますので、催眠に入っているという感覚はあまりなく、ヒプノセラピー後の感想としては、「起きたまま夢を見ているような感じだった。」とおっしゃる方が多いです。

催眠状態に入る前には、安心してセラピーを受けて頂けますよう、これらのことも含め十分なご説明をさせていただきます。
 

催眠療法(ヒプノセラピー)の種類

当ヒプノセラピールームでご提供しています代表的な催眠療法(ヒプノセラピー)の手法について、記載いたします。

年齢退行療法

  • 今抱えているお悩みや問題に強い影響を与えている過去の重要な出来事の記憶を、潜在意識の中から浮かび上がらせ、その出来事を再体験し、今の大人の自分の視点で見直すことにより、ネガティブなイメージや苦しい思い込みを取り去ったり、当時は無理に押さえ込んでいた感情を放出したりして、潜在意識の中から深い癒しを得るセラピーです。
    インナーチャイルドの癒し 気持ちがスッキリして、前に進む意欲や将来に対する希望が湧いてきます。

インナーチャイルドセラピー

  • 傷ついた子供時代の自己(インナーチャイルド)と現在の自分(大人の自分)とが対面し、対話することを通して、まず傷ついたインナーチャイルドの存在に気づき、抑圧された苦しい感情を放出したり、我慢していた欲求を解消したりすることで癒しと気づきが得られるセラピーです。
    年齢退行療法と組み合わせて行なうこともあります。

胎児期退行療法

  • 幼少期の記憶からさらに遡ることにより、お母さんの子宮の中にいたころの感覚や出来事を再体験します。お母さんと一体化した状態では、お母さんの感情はもちろん、周りの人たちの気持ちさえも、お母さん以上に感じ取ることが出来ます。何故、何をする為にこの世に生まれてきたのかを感じ、自分がどんな気持ちで生まれてきたかを思い出す事により、気づきと癒しが得られるセラピーです。

前世(過去世)療法

  • 前世の記憶自分の前世がどういうものかを知ることが目的ではなく、潜在意識が持つ前世の記憶から、今の自分に必要な気づきや癒しを得て、今の人生の意義を見つけ出し、活かしていくためのセラピーです。
    前世から引きずっているネガティブな感覚を取り去ったり、前世の自分やハイヤーセルフから今の人生に対するメッセージを受け取ったりもします。

未来順行

  • 退行催眠とは逆に潜在意識の中で時間を進めていくことにより、自分の未来の可能性について体験していきます。 単に未来の自分をイメージするのではなく、願望を実現した際の自分の感情を先取りすることにより、自分が望んでいる将来に本当はどんな幸せが待っているかをあらためて気づくことが出来たり、なりたい自分に向って自然にどんどん進んでいけるようになったりするためのセラピーです。

悲嘆ケア(大切な人との再会)

  • 大切な人やペットとの死別後には、年月が経過しても心残りが解消できないことがあります。また、年月が経過することにより、さらにその想いが強くなっていくこともあります。
    死別した大切な人と再会し、対話の中で今まで伝えたくても伝えられなかったことをはっきりと伝えることにより、心残りを解消するためのセラピーです。大切な人がいつも天国から見守ってくれていることを実感することができ、前に進む勇気やチカラが湧いてきます。


おすすめのヒプノセラピー(催眠療法)メニューを、こちらでご紹介しています。

ご 予 約 ・ お 問 合 せ

↑ PAGE TOP